薄毛を克服するため!発毛剤プロペシアとロゲインで驚く効果~


ハゲを克服する-プロペシアの効果大解説!


「AGA」とは、いわゆる男性型脱毛症のことでAGAは「Androgenetic Alopecia」(アンドロジェネティックアロペチア)の略語となります。病院のAGA(男性型脱毛症)治療薬として使われている「プロペシア」は一体どんな効果があるのか、皆さんも気になりませんか? そこで今回は、プロペシアの効果をご紹介していきます。


プロペシアの正規添付文書にはこうあります。

プロペシアの正規添付文書

「男性における男性型脱毛症の進行遅延」が主な効果です。

AGAにのみ適応できるお薬で、簡単に言えば、男性型脱毛症による薄毛化を緩める効果があるということです。

AGAを招く最大の原因は、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という強力な男性ホルモンです。この物質は、男性にとって欠かせない「テストテトロン」という男性ホルモンが、前頭部や頭頂部に多い「5α-リダクターゼ」という酵素と結びつくことで作られます。

プロペシア主成分のフィナステリドが5αリダクターゼの働きを阻害することで、ヘアサイクルを乱す強力なホルモン(DHT)を減少させていき、次第に脱毛が止まっていくのです。するとヘアサイクルが正常に戻りだし、髪が再び成長を始めるので生えてこなかった毛穴からも発毛しだしてきます。

とは言え即効性は無くDHTを一気に減らす事は出来ないので、早くても3ヶ月は結果が出るまで時間が掛かると思って下さい。また使用し始めてから1ヶ月ほどは「初期脱毛」が見られる事があります。いつもより急激に脱毛が増えるためかなり心配になるでしょうが、ヘアサイクルが元に戻りだし、休止期(一切成長しなくなる)の髪が抜けていくためです。これは新しい髪が生えてくるのを示唆しています。

つまり、AGAを食い止めるには「ジヒドロテストステロン(DHT)」の増加を食い止める必要があるのです。ここで効果を発揮してくれるのがプロペシア(主成分:フィナステリド)です。研究の結果、「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化するためには、「テストステロン」が「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結びつくことが必要であることがわかっています。プロペシアはこの「5αリダクターゼ(還元酵素)」の働きを抑制して「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化するのを防ぐ働きを持つのです。